オタク ブログ

超複素化のブログです。

君たちは水中毒を知っているか

こんにちは。

〇〇中毒というと薬物などのイリーガルなモノを連想する人が多いと思うのですが、世の中いろいろな中毒があるのです。

 

僕は、生活の中にありふれている「水」の中毒になったようです。

 

・水中毒とは

まず、水中毒について。

過剰な水分摂取によって生じる血中のナトリウム濃度低下、痙攣、浮腫などの症状のことです。

重症では死に至ります。

 

重症例

・(国外)アメリカで一度にどれほど水を飲めるかというコンテストで約7ℓほどの水分を摂取した女性が死亡。

・(国内)部活の練習中に14ℓの水分を摂取した男性が死亡。

 

というものがあります。

 

・症状

先述したとおり痙攣や浮腫などがあります。

 

ナトリウム濃度     症状

・(軽度)130Ep/L         軽度な疲労感。

・(やや軽度)120Ep/L  頭痛や吐き気、眩暈、浮腫。

・(中度)110Ep/L         性格の変化、痙攣、意識混濁

・(重度)100Ep/L         神経伝達の阻害。失神、呼吸困難による死亡。

 

となっております。

夏場、良かれと思って多量に水分摂取をしてしまう方は軽度〜やや軽度の症状が出てしまったことがあるのでは?

 

・原因

過剰な水分摂取による血中のナトリウムイオン低下によって引き起こされる諸症状。

  1. 熱中症対策として水分を過剰摂取
  2. 抗精神病薬や安定剤、睡眠導入剤などによって起こる異常な喉の渇き。
  3. 自閉症統合失調症に罹患した際に引き起こされる。
  4. 覚醒剤を濫用した際に生ずる口内、喉の渇き。
  5. 前立腺切除術や経子宮頸管的内視鏡手術において発症。

主な原因はこのようなものになっております。

 

・対策

  1. 塩分を多く含む食品を食す。
  2. ハイポトニック飲料の摂取。(摂取しすぎると血中のナトリウムイオン濃度が上がり過ぎてしまうため注意)
  3. 飴や氷を口に含む。
  4. コップ一杯分、およそ2〜300mlの水分を一気に飲まず少しずつ飲む。

 

個人的に4番の対策が一番効きました。

 

・僕が水中毒であると気づいた時。

なぜ僕がこんな記事を書いたかというと、記事の頭で言った通り僕が水中毒になってしまったからです。

元々他の人より水分は多めに摂る方でしたが、ある日友人らとカラオケに行った際どれだけ飲んでも喉の渇きが収まらず、排尿回数がものすごく多くなった時に気づきました。

その日の夜は恐ろしいほど意識が混濁して四肢痙攣、浮腫、ふらつき、過呼吸、パニックなどが起きました。

計算してみたところ一日に20ℓもの水分を摂取していました。

しかしなぜこうなったのか、思い返してみます。

僕は元々双極性障害パニック障害不眠症や注意欠陥などに罹患しており、様々な薬を飲んでいます。

薬はめまぐるしく変わっていき、そのなかでも最近追加された薬を飲み始めてからやけに喉が乾くようになっていったのです。

おそらくその薬による眠剤のブースト、副作用、によるものだと解釈し、病院を変え相談しました。

予想は的中し新しく処方された薬が水中毒を誘発していたのです。

もっと早い段階で薬について調べ、対策を講じるべきでした。

 

 

水中毒は自分の意思や行動で抑えるしかありません。

飲みたいという欲求を抑え、少しずつ水分を摂る。

非常に辛いです。中毒と謳っているだけあり、禁断症状とまでは行きませんが目の前や手元に水分があると一気に飲んでしまいたいという気持ちが芽生え、抑えるのが困難です。

またしても生きづらい要素が増えてしまいましたが、生きてる限り仕方がありません。

自分の病気に向き合い受け入れ、対処して焦らず時間をかけて治していきたい。

このまま頑張ってまともな人間になります。なれるかは知りませんが、なりたい。

正常な人間として外を歩けたらいいなと常々考えております。

 

皆さんも水分の摂り過ぎには気を付けてください。

時期外れな話題ではありますが何か役に立てて頂けたら幸いです。

 

それでは

みんなにも聴いて欲しい曲が沢山あるのだ(2019年縛り)

 

こんにちは。

僕は音楽が好きです。好きですが知識がクソ浅いです。

そんなペラペラな僕が今年聴いて良かったな〜と思う曲をなんとなく挙げていきます。

みんなにも聴いて欲しいし、聴きやすいような物を今年リリースされた中から20曲程。

後々僕のお気に入りの曲を年代とか関係なしに皆さんに紹介したいです。

アイドルからJpopやvaporwave、future base(funk)にロックなどなど...広く選んでみました。

 

・美しい顔 / 土岐麻子

美しい顔

美しい顔

 

形而上学的、魔法 / でんぱ組.inc

形而上学的、魔法

形而上学的、魔法

 

・sloth / mili

Sloth

Sloth

  • Mili
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

・Are you kidding me / PSYQUI feat. Kanata.N

Are you kidding me (feat. mami)

Are you kidding me (feat. mami)

  • PSYQUI
  • ダンス
  • ¥250

 

・さよならフラッシュバック / CY8ER

さよならフラッシュバック

さよならフラッシュバック

  • CY8ER
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

・闇色の朝 / maison book girl

闇色の朝

闇色の朝

 

・奇跡 / pk shampoo

【MV】PK shampoo /『奇跡』 - YouTube

f:id:intfix:20191031005849j:image

 

・NULCTRL EX / Silentroom

NULCTRL EX

NULCTRL EX

  • Silentroom
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

・感丘 / 崎山蒼志(with 長谷川白紙)

感丘 (with 長谷川白紙)

感丘 (with 長谷川白紙)

  • 崎山蒼志
  • J-Pop
  • ¥250

 

・ROLL CALL / suchmos

ROLL CALL

ROLL CALL

 

・のめりこめ、震えろ。/ tempalay

 

Canvas / Virtual cat

Canvas

Canvas

  • バーチャルねこ
  • エレクトロニック
  • ¥150

 

・Must Be Love / Yung Bae

Must Be Love

Must Be Love

  • Yung Bae
  • ダンス
  • ¥250

 

・Soda City Funk / Tim Legend

Soda City Funk - YouTube

f:id:intfix:20191031011351j:image

 

・ディレイ / 神聖かまってちゃん

ディレイ

ディレイ

 

・駆け落ち者 / 椎名林檎櫻井敦司

駆け落ち者

駆け落ち者

 

・LOW hAPPYENDROLL--少女のまま死ぬ-- / 大森靖子 feat. 平賀さち枝

 

・おじさん / 眉村ちあき

おじさん

おじさん

(マジで最高)

・優しいあの子 / スピッツ

優しいあの子

優しいあの子

 

・Sad Girl / キタニタツヤ

Sad Girl

Sad Girl



個人的にこの中でも更に聴いて欲しい曲は

・おじさん / 眉村ちあき

・奇跡 / pk shampoo

・美しい顔 / 土岐麻子

形而上学的、魔法 / でんぱ組.inc

・Soda City Funk / Tim Legend

の5曲です。

 

特に眉村ちあきのおじさんは本当に良い。

タイトルだけで判断するのは良くない。

奇を衒っているだけではないんです。

恐らく彼女自身の体験を元に曲としておこしたのかなぁ...なんて解釈しています。

あと普通に歌が上手過ぎるのでマジでライブ行って下さい。

ぜひ聴いて、感じて欲しい。泣けるので。

 

それでは。

 

 

 

 

全員買えよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

めじゃめじゃもんじゃ

めじゃめじゃもんじゃ

 
海苔汁

海苔汁

 
ぎっしり歯ぐき

ぎっしり歯ぐき

 
目尻から水滴3個、戻る

目尻から水滴3個、戻る

 
会社じゃないもん

会社じゃないもん

 

 

 

実を言うと、売り専経験がある。

こんにちは。

ホモの皆さんなら知っていて当たり前、売り専についてのお話です。

ホモじゃない皆さんでも知っているとは思いますが、売り専とは簡潔に言うと男性同性愛者向けの性風俗です。

 

僕はほんの一瞬ですが売り専でお仕事をしていたことがあります。

某も○ぎのせいで間違ったイメージがノンケの方々に広がっていると思うのですが、僕が在籍していた店舗はマンション型の店舗でした。

読んで字の如く、マンション内の個室でお仕事をします。

皆さんが想像しているほどボーイ同士の関わりはありません。

マネージャーなどの運営側の人間とも業務的なやり取りだけ。

 

〇〇君 ○月○日 ○時 〇〇店にて○分コース

金額 〇〇円

〇〇様のご指名です。

 

と言ったメールとLINEが届くだけ。

少なくとも僕の店舗ではこのくらいの関わりしかなく、仲良しごっこなどはありませんでした。

 

初めての売り専、一本目の指名は即日入りました。

右も左も分からない状況でひどく緊張、誰とでもセックスできる!が強みな僕でも少々勃ちが悪かった覚えがありますね。

 

 

・どんなことをするの?

お仕事内容。

普通の性風俗と恐らく変わりはありません。

お客様から希望のプレイ内容を事前にメールで確認、オプションはボーイ側からNGを出すことも可能。僕はウケができないのでタチ、バニラ(挿入を伴わない性的な触れ合い)のみOKその他はNGにしていました。

指名欲しさにオプションOKしまくると痛い目を見ると事前に聞いていたのでシンプルなことしか受け付けない様にする。モチベーション維持としてかなり大事!

 

さて、お仕事内容についてですが、まず指名の入った店舗orお客様の自宅かホテルに向かいます。

(詳細な場所は書きませんが山手線沿線に三店舗構えていたので移動は割と楽。)

 

1.店舗に着いたらまずは事務所の部屋番号のインターホンを押す。

2.オートロック解除。

3.事務所に到着。バスタオル2枚と足拭きマット1枚 フェイスタオル2枚 ローション コンドーム ゴミ袋2枚を持ち指定された個室へ。ロング(8h 12h)の指名の場合は毛布も。

4.個室に入り、軽く室内チェック。お客様が到着する10分前には個室に入っておく。到着するまで基本的に何をしていても自由。僕はタバコを吸って時間を潰していました。

5.お客様がインターホンを鳴らすのでロックを解除しお部屋へと案内。先にコース料金をもらいます。たまにチップをくれる方もいるので嬉しい。

6.個室に入る。自己紹介と挨拶。軽いコミュニケーションをとる。(趣味嗜好を把握するため)

すぐにプレーに入るのではなく、ぼんやりとした内容の会話。

7.雰囲気を作り終えたらお客様の身体を洗います。基本ボーイが全て洗います。洗体終了後、うがい薬を使わせる。

8.プレーに入ります。ここからはお客様の希望に沿った行為を自分なりに手を加え済ませていきます。慣れが大事。

9.一通り終えたら再びシャワー。ここはボーイが必ず入る必要はありませんでした。一緒にお風呂に入って欲しいと要望があれば応えるだけです。シャワー、着替えが終わったらお客様を見送ります。コース終了10分前には帰って頂く。

10.残りの時間を使って部屋の掃除。ゴミをまとめてシーツをかけ直す。浴室の水気をタオルで取り換気扇を回す。ゴミやタオル、備品などを纏めて事務所へ。タオルは洗濯機に、ゴミは分別。お客様から受け取ったお金を精算。(手取りなどの内訳は後ほど)

 

こんな感じの単純なお仕事です。先述した通り僕は基本的に誰とでもセックスできるので結構向いてました。

たまにソリの合わないお客様もいましたが、ごく稀。

思いの外指名がバンバン入って初月2位。

承認欲求の塊り且つ自尊心の低い僕にとって可視化された評価はとても嬉しかった。

新人なのに2位とれるものなんだな〜チョロいな〜とかふざけたことも抜かします。

この調子で万年二番手をキープしたまま引退するのは未来のお話です。

 

・お給料はどのくらいなの?

これ、皆さん気になってることだと思います。

労働の対価として見合っているものかどうかは人によって異なりますが、少なくとも僕は満足するくらい貰えていました。

僕の店舗は待機時間がないので最低時給が存在しません。なので指名が入れば入るほどお給料はもらえるし、入らなければゼロ。こればかりは当人の努力やお客様の好み次第。運任せな要素なのです。

僕は初月で30万近く稼ぎました。個人的には上出来!時給換算すると結構な額ですし。

 

元々在籍していた店舗での手取りの内訳はこんな感じ↓ 

 

時間    料金 (手取り)

60分コース 16000円(12000円)

90分コース 20000円(15000円)

120分コース 28000円(19000円)

8時間コース 60000円(40000円)

12時間コース 85000円(50000円)

 

結構もらえますよね。そのかわり精神的な負荷があるので向いてない人はやらない方がいいです。

特に貞操観念がしっかりしてる人なんかは向いてない。(貞操観念しっかりしてるならウリなんてやらないけどね)

 

4ヶ月トータルで200近くは稼いだと思います。

そのお金全部どこいったんだろうね。

 

 

・いわゆる「痛客」について

水商売や風俗嬢をやっている女の子たちのアカウントでよく見かける痛客とやらについて。

これはどの業界にもいるものですね、売り専にもいました。

誰しも聞いたことがあるであろう、説教おじさん。

君こんなところで働いてどうするの?

ちゃんとまともな仕事したら?

などと、僕のことを買っておきながら説教。

説教するくせにやることやるんだな〜とこちらが優位に立っていることを忘れなければさほど傷つくことはありません。

 

一番のハズレはお金をパクる客です。

宿泊12hコースの客でしたが、気付いたら僕の財布から6万ほど抜かれていました。

これをきっかけに絶対仕事中は財布を手放さない様にして、売り上げ用と自分用の財布で分けるようにします。

ちなみにこの客についてですが、僕以外のボーイ数名に対して暴力行為を働いていたことが判明し出禁になりました。カスです。金ないなら売り買うな。

 

 

・知り合いにバレるのは怖くない?

僕の場合Twitterで公言していたお陰でアンチにバレて晒されてもノーダメージでした。

しかし売り専のボーイとして働いていることがバレたらまずいと思っている人の方が多いと思います。

でも考えすぎる必要はありません、売り専やってる程度で蔑んでくるような人がいたら「狭量だな。かわいそう。」と思ってこちらが受け入れてあげましょう。一々反応している暇なんて無いです。無駄な時間。

寧ろ自ら発信することで宣伝行為になる可能性も!

事実僕の場合はTwitter見て来ました、というお客様もいましたし。

個人的に面白いな〜と思ったのが、昔から繋がりのあるイケてるフォロワーさんから買われた時に

「どうしてリアルするとかじゃなくて売り経由で僕と会おうとしたんですか?」と訊いたら

「いやぁ、こういう会い方するのがスジかなぁって」と返された時ですね。非常に律儀。

 

 

そうこうしている内に僕の身の回りでいろいろな事(説明すると長くなるので省略)が起きたので売り専は辞めました。

なんだかんだ言って楽して稼げる良い仕事です。

 

職業に貴賤なし、どんな仕事も社会に存在する価値のあるもの。卑屈になる必要はありません。

特に僕なんかは自尊心が人一倍低くて、そんな僕に商品的な価値を見出してくれる人がいるというだけで大きな心の支えになっていた。

それが性的欲求からくるものだとしても、どんな形でも僕を必要としてくれている人がいたという事実だけで存在する理由になります。

 

僕は皆さんが売り専のボーイになることを推奨しているわけではありませんが、昔の僕と同じ境遇にいて少しでも辛いな悲しいな〜なんて思っている人の目にこのブログが留まって、その辛さが和らいでくれたらいいな。なんて思っています。

 

また、これから売り専を始める人の参考になれば良いなとも。

 

あ、そういえば楽して稼げる仕事なんて言いましたが飽くまで僕個人の見解です。

辛い、辞めたいと思ったら身を引くのが一番。壊れてしまう前にレールを矯正しましょう。辞めたところでバチなんて当たりませんし。

あなたにはあなたに合った仕事がどこかにあるはずなのです。

 

それでは。

 

※当記事にはある程度フェイクを混ぜております。特定回避!

成人式に行かず、浅野いにおの世界展に行った。

こんにちは。

本来なら今年の1月に成人式に行くべきだった人間の僕です。

 

1月14日。展示最終日。成人式当日。

起きたのは午後15時。

急いで身支度をし、タクシーで自宅のある新宿から池袋まで。

友人と合流。最終日かつ週末ということもあり来場者数がすごかった。

 

メインの客層は案の定、線が細い男の子や女の子。

いわゆる「サブカル系」だ。

僕らは一般的な目線で見ると割と(縦にも横にも)デカイので明らかに浮いていた。

人混みの中でかい髭面の二人組がのそのそ歩き回る。

 

展示内容は、う〜ん。まあまあ?

場所が場所なだけあってチープさを感じた。

複製原画が見れたのは良かったけれど、せっかくの展示なんだから雰囲気作りは大事だと思う。

 

それと、特設ブースを用意されていた愛子ちゃんはやっぱり愛されているのだな〜といった感じでした。

サブカル女子永遠の憧れ、田中愛子。


f:id:intfix:20191019034208j:image
f:id:intfix:20191019034201j:image
f:id:intfix:20191019034204j:image
f:id:intfix:20191019034219j:image
f:id:intfix:20191019034211j:image

f:id:intfix:20191019033332j:image

 

↓こちらは浅野いにお本人がライブドローイングを実施した際に出来上がった作品。タイトルは池袋のメンヘラ、だそうな。

f:id:intfix:20191019034345j:image

 

↓デデデデのパネル

f:id:intfix:20191019034342j:image

 

あんまり写真撮ってなかった。

 

 

そうそう、偶然にも僕らの青春である漫画家、浅野いにおの個展と成人式の日が被っていたお話を忘れていました。

 

本来なら僕は去年20歳になり今年の1月14日に行われていた成人式に参加するべきだった。

 

しかし参加したくないのでバックれました。

 

帰るのめんどくさいし、このブログで過去に取り上げた非行少年時代の知り合いと会いたくもなかったので。

上京せず田舎でマイルドヤンキーやっている連中と話すのも億劫です。

そして変わり果てた僕の姿をあまり見せたくなかった。

(そりゃあ、ある程度歳を取れば人の容姿は変わるけど。僕の場合落差が激しすぎるので...)

 

そうこうしているうちに地元でそこそこ仲の良かった現在進行形ギャルの元友人からインスタでDMが届きました。

f:id:intfix:20191019035131j:image

なんとも雑な嘘。でもバカだから気付いてないでしょ。そんなノリで返信。

 

実際このDM届いたとき心臓止まるかと思いました。

みんなどうせ僕のこと忘れてるんだろうな、とか思っていたので。

もう僕は田舎で非行に走っていた頃の僕ではないし、恐らくこうやってDMを送ってくるということはその面影を引きずっている連中が少なからず居るということ。

 

怖い。不良特有の同調圧力に殺されたくない。

そう思ってそっとインスタを閉じて池袋を散策。

このDMのせいでこの日の後味がヤバイことになりました。

いつまでも内輪のノリを続けるのなんて考えるだけで死にたくなってしまう。

(あの頃の溌剌とした僕は死んでいるんですけどね。)

今思うと、現在の僕が本質で昔のバカやってた頃の僕はハリボテでした。

めちゃくちゃ内向的で陰気臭い、やけにインターネットでは声がでかい方が本物の自分です。

 

ちなみに後日

「成人式に行かずに浅野いにお展に友人と行きました」

という旨を知り合いに話したら

「そのエピソードが浅野いにおの漫画みたいじゃんウケる!」

などと言われてちょっとニコニコしてしまった。

 

これといって内容があるわけじゃないことをつらつらダラダラ書いてしまいました。

 

 

自分が好きなことして生きていこう。

だから成人式なんて行かなくていいぞ!みんな!

行っても絶対つまんねぇからな!

 

それでは。

死ねない理由があるわけじゃないけど

最近とにかく死にたいと思ってしまうし、ふと口に出してしまう。(最近ではないか、もうここ数年の話。)

気圧のせいか何なのか知らないけど抑鬱もひどい。そんなこんなで希死念慮はあるのに生きている。ダサいなぁ。


・鬱や発達障害とは何だろう。

インターネットも普及してきた今日この頃、様々な精神疾患や脳の病気を認知する人が増えてきました。また、罹患している人達もここぞとばかりにハッシュタグを付けて発信しています。

さて、本題ですが鬱や発達障害って何なんでしょうね?一見して見分けのつかない病気って不思議。

僕自身も鬱や発達障害などに悩まされていますが、罹患している本人ですら一体何なのかが分からない。そして今日に至るまで一瞬で寛解させる治療が見つかっていないことも謎ですよね。(お金儲けかな?)

まあ治療に時間がかかるのは、症状も人それぞれだから各々に適した治療法をじっくりと確立させるためなんですかね。知りませんけど。

一説では脳内に情報を伝達する物質「神経伝達物質」であるうちの一つ、モノアミンが欠乏してしまうからだとかなんとか。

モノアミンを脳内でめちゃくちゃ増殖させる薬とか作ったら爆売れするんじゃない?

そういえばノルアドレナリンも欠乏すると何かしら影響するんだっけ?僕は頭が悪いから知らないけど。

知ってる人いたら教えてね。


・自殺未遂 自傷行為

鬱病患者の皆々様なら一度は通る道だと思われる、自殺未遂と自傷行為について。

僕の母は「自殺は命に対する一番の冒涜」と言っていました。

かくいう僕は何度か自殺未遂を経験しており、自傷癖もややあります。

でも一度も死ねなかった。というか死にたくなかったのかな?

ベルトとドアを使ってやるアレ(詳しく書くといけないので省略)をしたこともあるけど普通に気絶して失禁しただけだった。これじゃあおしっこ漏らしただけのダサい人です。

というか本気で死にたいなら飛び降りるんですけれど、なんと言うか。(韻を踏んでいます)

変なプライドがあって、死んでしまったら最早関係ない話だけど自分の死体は人の形を保っていてほしいのだ。

そもそも僕に死ぬ勇気は無いのでたまに腕切ったりゲロ吐いたり薬をたくさん飲んだり、普通にこうやってインターネットをしています。

楽しいなぁ。


・そもそも人生とは緩やかな自殺

唐突ですが生き物は必ず死にます。寿命の長短には個体差がありますが、必ず死にます。

生まれた時点で僕たち生き物の命は既に終わりがあって、生命誕生とは広義での自殺じゃないかな〜と思っています。(自殺という概念が壊れてしまう)

お酒を飲んだりご飯を食べたりタバコを吸ったり排泄をしたりお風呂に入って睡眠をとったり、目が覚める度に刻一刻と死は迫ってきます。

人生とは常に死と隣り合わせでいつ死ぬかなんて分からない。明日死んでるかもしれないし生きてるかもしれない。

人生に於いて全ての行動は死に直結していて、それら全ては緩やかな自殺行為。それでもヒトは人生を続けている。

(完全に詭弁です。)

生き死にの話はナイーブなのでここまでにしておきましょう。


幸せとは相対的なもので、幸せになりたいと思えるうちは伸び代があるのだから。ちょっと頑張ってみて、幸せを1秒でも感じ取れたなら人生勝ち組だ!と思って生きよう。

あ、そもそも幸せって何だろうね?(以下ループ)


死ねない理由があるわけじゃないけれど、今日も生きています。

明日は明日の風が吹くので僕は風に身を任せて、桶屋として巨万の富を築くのが夢です。


それでは皆さまよき倫理を!

僕が非行少年だったころ (前半)

※はじめに、この記事に書かれている思い出はすべてフィクション、嘘、創作、実際に起こった出来事ではありません。また、クソ長くなるため前後編で分割します。


・初めて非行に走った時のはなし

当時僕は12歳、小学校卒業したてのまだケツの青い中学生でした。

小学時代は川や山などをテリトリーとし、仲の良い友人5〜6人のグループでよく遊んでいました。

しかし小学校を卒業し、ほかの学校から来た奴らと交流をするようになり僕にとっての"遊び"が一変しました。

まず一番大きな変化としては不良行為というものに触れたこと。万引きや深夜徘徊、酒タバコに喧嘩。枚挙に暇がありません。

僕が始めて手をつけた不良行為は地元の某スーパーで万引きをする、ということ。

これがきっかけで後に集団万引きグループを結成しました。

次に街の至る所でスプレー缶やマジックペンで落書きをしまくる。全く生産性がないですね。

ここからさらに酷くなっていきます。

酒タバコは当たり前、気に食わない奴は教室でボコボコにする。先輩後輩関係なしどころか教師すらいじめ倒したりなど、頻繁に問題が起きる結構荒れていた中学でした。

ヤンキー特有の汚い金髪に細い眉毛、制服は着崩し登校時間も適当。

書ける範囲内だとこんな感じですが僕含め同じ学年のグループ15名くらいでめちゃめちゃなことをしてきました。上記のことについてこれから撤退解剖していきます。



・万引きグループのおはなし

冒頭でも書いたように、僕が素行の悪い非行少年になったきっかけである万引き。

僕の住んでいた街には某有名チェーンのスーパーがありました。

集まって遊ぶとなればそこに行き、小さなゲームセンターで閉店間際まで屯する。

お小遣いは特に少なかったわけでもありません。万単位で貰ってたのでむしろ多かったです。

なのになぜ万引きを始めたのか、いまだに理由は思い出せませんが最初は度胸試し的な感覚でシャープペンシルを盗んだことが引き金かなぁと思います。

周りの子からしたら一本千円を超える文房具は憧れ、自分のお小遣いから捻出するとなると遊ぶお金がなくなってしまう。僕が万引きしたことを皮切りに当時のグループのメンバー15名で万引きが流行り始めました。お菓子や漫画、酒、カードに筆記用具、服など様々なものを盗みまくります。

そしてこの頃、仮面ライダー◯ーズがブームで例のメダルが品薄状態。買取専門店にもっていけば千円〜二千円で買い取ってもらえる。

この情報を耳にした奴らはそのメダルを万引きして、今で言うところの転売を始めました。

これに目をつけた僕はグループを正式に作り統率をとり始めます。

「お前はここで周りを見張ってお前とお前はこれ、お前はこれを持ってくる。ここは死角だからパクってもバレない。だからこれとこれをパクってこい」と、司令塔気取りで指示を出していました。そして自転車で隣町の買取専門店に様々なものを売りに行かせます。

普通のバカなDQNなら一人でまとめて売りに行き店員に怪しまれる、までがテンプレですが僕はこれを危惧し15名を分散させ売りに行かせました。その分取り分も分散するので僕の手元に残るお金はそれこそ多くはなかったですがグループ内で一番僕がお金を持っていたので特にそこは気にしてませんでした。ゲームっぽくて楽しいなくらいの感覚なので。

そういえばなぜ僕が万引きグループを率いていたのかと言うと、単に一番成績が良かったからです。中学に入り自分の学力というものが初めて可視化されますが、一学期中間のテストで学年4位だった僕はよくつるんでいたメンバーに自慢したのです。

後に「お前が一番賢いからまとめてくれ」と言われグループを率いていました。ちなみにもう一人賢い子もいたのですがでかくて目立つという理由でハブられます。

とまあこんなことが中学入学から約3ヶ月ほど続きます。

メンバーで集まるたびに「俺たち金無くても万引きしてりゃ生きていけんじゃね?ギャハハ」と笑い合ったり、青春。

校内で頭が良かった僕とはいえ流石に中学生、大人の賢さに勝てる訳なんてないのです。

売り場の配置変更、監視カメラの設置台数増加、メンバーの兄のチクりなど様々な要因が重なり最終的にバレてしまい人生初の補導をされました。これにより集団万引きグループは解体、元のやんちゃグループに戻ったのでした。


・はじめてのらくがき

そんなこんなで刺激に飢え始めた僕らはなんとな〜く町の広場の壁に落書きを始めました。

落書きに使用したスプレーやペンはもちろん万引きしてきたもの。(集団万引きをやっていた頃と時期が被っています)

下品な言葉や下手くそな絵などを描きまくる。当然このことながら普通にバレまたもや補導。

万引きの件から凡そ1ヶ月後にこの件がバレたので担当の刑事からはまたこいつらか?という顔をされました。取り調べはひたすら落書き箇所の写真を見せられ続け、「これは誰が描いた?お前か?」と繰り返し訊ねられる。ある種の洗脳かと思いました。

ちなみに広場の管理人からは修繕費として三十万円を請求されましたがメンバー内の親が逆ギレして七万円まで値引きされたりなど...

良かった〜〜〜〜。(良くない)

このあと僕らはあそこ(広場)に描いたら怒られるから別のとこに描こう、という考えに至り街中に落書きしていきます。

学び方を間違えました。

こっちは中学卒業までバレなかったというか、そもそも不良が多い街だったのでそこまで問題視されていなかったのかな〜〜??(凶悪性は低いし)


・はじめてのタバコ

こうして僕達のグループは過去最悪レベルの治安の悪さ(ここに書けないことが多少あるため省きました)を誇り教師達を困らせてきました。

僕らの素行不良のせいで修学旅行の自由行動が無くなったのは遠い未来の話。

本題に戻ります。

とにかく問題を起こしまくってきた僕達ですが、もちろん悪い先輩達との付き合いも増え始めてくる頃合いです。過去最悪レベルと言われるだけあって先輩達も僕らに興味津々!

ある時メンバーの一人が「〇〇先輩に呼ばれたすけ、わぁんど(俺たち)で行ってみるべよ」と発言。人生初の呼び出しに半ばビビりながら某スーパーの従業員専用駐車場へと。

そこにはまあ大変怖いことで有名な先輩三人がいました。

「おめんどよ、まんずまいねごとばっかしぢゅうなぁ?(きみたち、めっちゃ悪いことばっかりしてるんだね?)」

そう言われ僕らは硬直。メンバーの一人が

「そったにわりぃごとはしてないっす。(そんなに悪いことはしてません)」と言い、先輩達爆笑。一気に緊張の糸が切れた気がしました。

どうやら僕らはその先輩達のグループに気に入られてたみたいです。

先輩のうち一人が「タバコ吸ったことあっか?」とおもむろにダボダボの学ランのポケットから赤マルを取り出し僕たちに配り始めました。

実のところ、僕達はこんなに悪いことしてきて誰もタバコを吸ったことがなかったのでした!

みんな恐る恐るフィルターに口をつけ着火、煙を吸い込む。噎せる。先輩達はまたもや爆笑。うぶなちっこいヤンキー達はじぶんたちよりもちょっぴり大きなヤンキーに気に入られ、可愛がられます。

これをきっかけとし、更に僕達の「悪さ」は加速します。だって中学生からしたら先輩という強い盾は何物にも変えがたい頼りになる武器だから。

僕がヘビースモーカーになったルーツはここです。


・はじめてのけんか

順調に非行少年に磨きがかかる僕達。

確かに強い先輩方とは仲良くしていましたが、先輩達にも派閥があって別のグループからめちゃくちゃ目ぇ付けられてました。

それは薄々気付いていたので人生で二度目の呼び出しをされた時は「あ、これヤバイやつだ」と察しました。

案の定、呼び出しの理由は僕らが目立つことばかりしているから潰す。という至ってシンプルなもの。こちら五人に対し向こう十人。

完膚無きまでにボコボコにされました。めちゃくちゃ痛かったし怖かったです。

というか今思い返すと平成にこんなヤンキー文化があるのって面白いですよね。田舎ならではなのかな?

後にこの事を仲の良い先輩達に相談してカウンターして頂きました。長いものに巻かれ虎の威を借るヤンキーです

喧嘩のコツなども教えて貰ったけれどイマイチ理解できなかったので場数を踏む他ないな〜と、僕は賢いのでそう感じました。賢いので!

2ヶ月くらいの間、割と喧嘩する機会が増えたので荒事に巻き込まれてもそこそこ無事帰還できるようになり、結果的にはボコされて良かったんじゃないの?という...(そういえばうちの母親はものすごいヤンキーだったので喧嘩賛成派でした)

ここまでの経験を生かし僕達は同じ学年や上の学年の気にくわないやつを呼び出すというコマンドを覚え人を選んでボコボコにしていきます。(下克上だ!^_^)


いよいよ先生方もまずいと思ったのか、僕達を会議室に呼び指導。反省文地獄。

この時から反省文を書きすぎたことによりめちゃめちゃ反省上手になってしまい、後に「お前の反省文からは誠意が伝わってこない」と言われる羽目になります。

確かに誠意があれば何度も反省することにはならないので強ち間違いじゃないというか、普通に正論ですね。


悪行の限りを尽くしてきた僕らですが、生徒をボコると怒られるのでターゲットを教師に変更しました。手始めに担任から。

担任の先生は新任で僕らの担当をしていたので嘸かし大変だったろうなぁと。。。

まず僕のクラスの担任は見てわかる「キモオタ」でした。格好の獲物です。

僕らのグループのうち一人が担任の担当教科である数学の時間に煽りを入れたことが事の発端で、そこからものすごい勢いでいじめがエスカレートしていきます。

黒板に文字を書いている時に後ろから数名で消しゴムやゴミを投げつける。

何か説明を始めるたびに大声で会話を被せる。

給食の味噌汁をわざと担任の机にぶちまける。

テストの答案に「死ね豚」などと書く。

度を越した嫌がらせでブチ切れた担任と追いかけっこを始める。

などなど、本当にかわいそうなことをされ続けた僕の担任はストレスで声が出なくなり二学期が終わる頃には担任を辞め新しい先生が来ました。

ちなみに僕は担任と結構仲良くしてました。



                            〜二学期終了〜


ぼんやりと覚えていることを書き連ねてみましたが、中学一年生の二学期までで色々なことがあり過ぎましたね。これが僕のバックボーンとなっています。(今はめちゃ穏やか)

気が向いたら後半書きます。

後半の方がマイルドだと思います。

それでは。



※重ね重ね言いますがこの記事に書かれていることは一切事実とは関係のないフィクション、作り話、妄想、ありもしない出来事です。

僕が大して"オタク"でもないのにオタクを名乗る理由

はじめに、僕はオタクですがオタクたり得る要素が何もありません。(外見や挙動はキモオタ然としていますが)


・まず

インターネット歴もそろそろ11年目に差し掛かる。アニメやゲーム、漫画に小説、音楽など色々触って来ました。しかし僕がオタクを名乗るにはハードルが高すぎる。僕がまだ小学生や中学生の頃ならば十分すぎるくらいにオタクなのだろうけど、この年齢になってくるといよいよ厳しい。まず何か一つのコンテンツに対して突出した知識がない。



・オタクプライド

世のオタク諸君らにはきっとあるだろう。あの作品のあのシーン、あの台詞回し、ここが好きだったなぁとか。ここの描写にはこういう意味が含まれていて云々。特定の作品に対する、こういった知識や愛があるだろう。

わたしはオタクを名乗っていますが、あろうことか大凡一つの作品について語りつくせるほど知識や愛を持ち併せておりません。(所謂イナゴや同人ゴロほど酷くはありませんが...)



・オタクを名乗る理由

しかし何故僕はオタクを名乗るのか、それは自己防衛的な何かなのです。

非オタと呼ばれる人種でもなければ、生粋のオタクでもない。

インターネットを長く続けていたせいか、辛うじて浅く、軽く、やや広く、何かしらオタク的な知識がありそしてオタク構文を使ってSNSで何かを発信している。よってマジョリティである非オタの方々から見たらまあオタクだろうな、と思われるような立ち回りをしています。(後々オタクだと思われるよりも先手を打ってオタクっぽさを出すことによりイメージダウンを防ぐ。)

どこにも属されないのは嫌だから、だから僕はオタクを名乗る。



・キモオタクからオタクを抜いたら何になるのか

https://twitter.com/uni_zero_va/status/1046985278148268033?s=21

そういえば、僕の好きなVtuber名取さなが「どちらかと言えばオタクではあるがそれほど語れるものが無いのでキモオタクからオタクを抜いてキモしか残っていない」と言っていましたね、まさにそれが僕です。(上記ツイート参照)


世のリアルオタクには申し訳ないけどこればかりは許してほしい。

実際好きな作品とかアーティストなどはあるし追っかけたりもしていたから。だからまあオタク名乗ってもいいよね。漫画村とかMusic FMとか使わないでちゃんと作品買ってるから...(ものすごく当たり前のこと)



・インターネットの恩恵

インターネットがあって本当に良かったなぁと思います。

僕みたいな無のオタクってのは多分世の中にたくさんいて、仮にインターネットが無かったら多分ものすごく窮屈な思いをして生きて行くことになっていたと思うから。

インターネットがあるお陰でそういう浅い知識しか持ち合わせていない無のオタク(悪口ではないです)たちがコミュニティを形成しているのだし、現に僕だってそうです。

何かコンセプトを掲げSNSをやっているわけでもない。

("オタクという概念が内包された何もないアカウント"はコンセプトになるのか?)


結構暗めな印象を込めた文章を綴ってしまいましたが、なんだかんだ言って楽しくインターネットやってます。

自分が無のオタクである事を恥ずかしがらずに公言していけたらいいな。



・最後に

Twitterは安住の地であってほしい。

インターネット始めたての子達が痛々しい言動をとったりしてもそれは誰もが通ってきた道。子供笑うな来た道だ(子供叱るな来た道だ、よりもインターネットに即した言い回しだと思って僕はこれをよく使います)、晒し者にして笑ったりせず優しく生暖かい目で見守ってあげたいですよね。